ブラック企業

守られていますか?労働基準法【ブラック企業体験談】

こんにちは、ブラック企業卒業生のずみほと言います。

義務教育で教えてほしかったことの一つに「労働者の権利」があります。

新卒で塾講師をしていた時、一丁前に子供に対して

 

労働者を保護するための労働基準法、労働組合法、労働関係調整法があってそれらのことを労働三法と呼ぶんだよ

と教えておきながら、自分達はその具体的な内容を一切知らない

 

あの時に「では、労働基準法では定められている労働時間は何時間ですか?

 

とでも子供に聞かれたら一発アウトです。

なぜなら、自分達が労働基準法で定めているであろう労働時間を守っていなかったから。

学生時代にもっと深く教えてほしかったなぁ

 

と思っていた矢先

有り難い事に現在勤めている会社で労働基準法に関する勉強会がありました。

その際に聞いた「今まで勤めてきたブラック企業でこれ守られていないじゃん」と感じた点の比較と

退職の際、弁護士に相談して手に入れた知識をご紹介します。

労働基準法の概要

労働基準法の目的は、労働者の権利を保証するための最低限を定めた法律です。

・労働時間の規制(決められた時間以上に働かせてはいけない)
・最低賃金(決められた賃金水準以下で働かせてはいけない)
・解雇制限(むやみに労働者を解雇してはならない)

ここまでは義務教育の教科書に記載があります。

私たちが知るべきはここから先です。

上記に違反した場合、使用者は処罰される可能性がある

そう、法律を守らなくて処罰されるのは労働者でなく、上役なのです。

サービス残業を100時間以上行わせていた前職の某塾にて
誰かが訴えれば処罰されるのはハワイに住んでいる社長なのです。

しかし、誰もこの法律の具体例を知らないので訴えない、若しくは退職後に知るので訴えた際の費用対効果が期待できない

上記の理由で誰も訴えを起こさない現状がブラック企業が無くならない要因だと感じます。

三六協定とは

三六協定

 

 

このワードに聞き覚えはございますか?

 

 

 

 

 

 

学生の方は知らない方も多いかと思います。

社会人の方で、全うな企業に勤めている方はご存じの方も多いでしょう。

下記に概要をまとめたので一読下さい。

 

三六協定・・・
労働基準法では1日8時間、1週間40時間以上の労働を命じられない。
→この基準を越えて労働させる場合は、時間外労働・休出労働の上限等に関して
監督署へ届け出なければならない

この監督署へ届ける場合の上限値も法律で決められており

1ヶ月80時間・1年70時間まで

となっています。

参考URL:厚生労働省 労働基準に関する法制度
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000042451.html

研究職など、ごく一部の職業に関する上限値は上記に限った話ではないので

気になる方は、ご自身が一般的な三六協定の上限値に当てはまっているのかご確認下さい。

また、三六協定を違反した場合

管理者へ罰金30万円又は6ヶ月以下の懲役が科されます。

かくいう私は

三六協定というものを、新卒の会社に入社して初めて知りました。

ただ、具体的な内容は知らされることなく

大きな会議室にその支部の従業員全員が集められ

三六協定の上限申請を届け出てもよいという方は、

拍手をお願いします!

という上司の声を筆頭に

 

訳もわかっていない従業員全員が一斉に拍手を返すという

 

一連の儀式の流れを三六協定だと思っていました。

 

 

 

・・・何を言っているのかわからないでしょう。

ええ、

 

 

 

私もわからないです。

 

実際の勤務形態は1ヶ月80時間どころか、サービス残業100時間を越えていたので

三六協定の上限申請を届け出ようが出まいが法律違反なことに変わりは無かったのです。

しかし

労働者は拍手をしているだけで法律に則した働き方をしていると思っている

そんな企業が今の日本、しかも子供達に教育する立場の人間が行っている時点で世の中色々間違っているなと感じます。

就業規則と労働基準法

各企業には各々の就業規則というものが存在します。

この就業規則は、労働基準法等の法律に定められた水準以上の待遇で設定しなければなりません。

例)労働時間に関して

先程の三六協定の例より、労働基準法では
届け出をすれば1ヶ月80時間までの残業が可能となっています。

この法律があるにも関わらず、就業規則にて

月の残業時間を100時間まで

と定めることは違法です。

要するに、就業規則は労働基準法の待遇を越えてはいけないという事です。

ちなみに勤めていたブラック企業の労働時間に関する就業規則を見たら

 

1日8時間労働、残業は法律に則る。

 

 

 

 

いや、則ってないじゃないですか。

 

三六協定の概要を知って、初めて出た心の叫びでした。

まとめ

上記の知識は全て学校で習った勉強ではなく、

「自ら調べ聞きに行き、手に入れた知識」と「親切な企業に運よく教えて頂けた事」です。

これらの知識を新卒で勤めた会社で教えてもらっている貴方はとても恵まれています。

しかし、そうでない社会人も数多くいます。

現に私も、新卒で勤めていた会社から転職せずに勤め続けていたらこれらの知識は手に入れることが出来なかったでしょう。

まず、自分が異常な状況に置かれているか否かを判断し

胃の中の蛙状態にならないよう勉強することが、損せず生きていくことに繋がると考えます。

私もまだまだ勉強中です。一緒に頑張りましょう。

ABOUT ME
zumiho
zumiho
ブラック企業卒業生。 新卒入社でサービス残業100時間越えの塾の先生→自殺率10%の社員数3人の零細企業にてパワハラを受ける →いつでも逃げれる派遣社員 ↓↓Twitterやっています↓↓