ブラック企業

新卒就活生がブラック企業を見分ける方法

新卒入社でブラック企業に入ってしまった…

そんな悲劇、味わいたくないですよね。

しかし、就活の時点ではブラック企業かどうか判断する事は難しいです。

そこで今回は、新卒から二社連続でブラック企業に当たった経験のある私が

その失敗から学んだ「新卒でブラック企業に入らないための方法」を紹介します。

ちなみに、私の過去の体験談はこちらからご覧下さい。

新卒研修で叫ばされる企業の実態【ブラック企業体験談】こんにちは、ブラック企業出身者のずみほと言います。 今回は、新卒で入社した某ブラック塾入社後最初に私を待ち構えていた関門「新卒研修...

また、私の学歴は一般的な文系大卒です。

他の学歴からの就活方法は今回紹介する方法とはまた違った方法もあると思いますので、参考までにご覧下さい。

一般的な就活方法

まず、私が失敗した一般的な大学生の就活方法をご紹介します。

ほとんどの大学は「学内キャリアアドバイザー」と呼ばれる方が、就活生のサポートをしてくれる制度があります。

彼らは、卒業生の就職をサポートしてきているので、その経験からアドバイスを下さる場合が多いです。

多くの学生はキャリアアドバイザーから意見を貰い、履歴書の添削をしてもらった上で就職していきます。

また、公務員志望でない場合は

就活サイトに登録するよう学校から勧められ、

その中で募集されている求人の中から就職先を探していきます。

この方法でブラック企業に入社してしまったのが私です。

なぜ学校が勧めた方法で就活してブラック企業に入ってしまうのか

私がやったのは「学校に勧められた方法で就活をした」ということだけです。

それなのに、なぜブラック企業に入社してしまったのでしょうか。

それは、「学校に勧められた方法でしか就職活動をしなかった」為です。
学校は就職後の卒業生達の生活を保証してくれる訳ではありません。

それを勘違いして

今までの人生、レールの上を歩いて高校、大学の進学が上手くいったのだから
就職活動も学校がなんとかしてくれる

と思い込むのは間違いです。

確かに、学校が勧める方法で就活して上手くいく方もいらっしゃるでしょう。

しかし、必ずしも学校が用意してくれる一本道は幸せに繋がる道とは限らないのです。

選択肢を幾つか用意しておく

学校のキャリアアドバイザーだけでなく、
民間の就職サイトも併せて頼ることが新卒就活でブラック企業に引っ掛からない一種の方法だと考えます。

ブラック企業に引っ掛からないための第一歩としてGoogleでこう検索してみて下さい。

新卒 就活 エージェント

エージェントという単語に聞き馴染みのない就活生も多いのではないでしょうか。

わかりやすく言うと、民間企業が運営するキャリアアドバイザーが駐在している就活サービスです。

企業側から収入を得るので、多くの就活エージェントサイトは無料で利用することができます。

また、企業側もエージェント会社へ払う費用を捻出しなければならないので、倒産寸前のブラック企業は避けることが出来ます

さらに、学内のキャリアアドバイザーは卒業生の就職先の情報しか知りませんが

就活エージェント会社のアドバイザーは他の学生や、企業側の情報も知った上で応対してくださるので

多くの情報を得ることが出来ます。

転職エージェント会社に登録する際に

エージェントさんも人ですので、合う・合わないが出てきます。

それを防ぐため、複数のエージェント会社に登録する方法が良いでしょう。

また、会社によって求人の特徴も変わってくるので
自分のやりたい事と労働環境を照らし合わせて選択肢を広げていきましょう。

学内含め、多くの意見を取り入れる事が就職活動でブラック企業を防ぐ方法です。

企業側の分析はホームページを見るだけで良いのか

志望先の企業ホームページを見ることが良い

と、多くの就活本や学校のキャリアアドバイザーが言います。

私も新卒入社前は、食い入るように志望先の企業ホームページを見ていました。

それこそ、採用ページ以外の企業実績や社長の言葉なども。

それなのに新卒入社で入ってしまったのはブラック企業だったのです。

企業ホームページを見ることは大切です。

しかし、企業ホームページには志望先の企業にとって都合の良い事しか書かれていません

企業側の立場に立ってみましょう。

弊社の自殺率は今年度○%を記録しました!

なんて書かれているサイトに、大学生や転職者は応募したいとは思いませんし

あったとしたら社会問題としてマスコミに取り上げられてしまうでしょう。

しかし、実際にパワハラによる自殺者が出ている企業を私はこの目で見てきました。

隠れたブラック企業はまだまだ世の中に存在するのです。

ブラック企業を見分ける企業分析の方法

企業側ホームページに書かれていない情報を見つける手っ取り早い方法は
志望先企業から転職者の目線で企業を見ることです。

就職してもない企業の転職者目線なんてなれるハズがない

そう思う就活生の皆さん

ネットワーク社会の現代において、転職者の目線に立つことは至って容易なのです。

Google検索にて

企業 評判

と検索すると企業側の公式ではない口コミサイトが幾つか出てきます。

そこには転職者の評判も掲載されており、転職理由も見ることが出来ます。

転職理由の中で、「将来のステップアップの為」「やりたいことが他に見つかったから」など

比較的前向きな理由が多い企業はホワイト企業の可能性が高いです。

・・・と、思う就活生や転職者が多いことを見越した上で
企業側がホワイト企業アピールを行うサクラの可能性があります。
まさしく騙し合いの世の中。

こういった口コミの中でも見るべきは

転職者が赤裸々に自分が勤めていた企業の評判を書いており

その中で

・企業ホームページの内容と食い違いが無いか

を判断することが、ブラック企業を見分けるポイントです。

福利厚生や労働時間などに食い違いがある場合は

企業面接の際に

実際の社員さんの働き方はどのようになっているのか

など、怪しい部分はどんどん質問していきましょう。

また、労働組合などの違法労働やパワハラに対応出来る組織が社内にあるかの確認もしておくと良いでしょう。

まとめ

ブラック企業に入らない為の方法を幾つか紹介しましたが

肝心なことは

多角的に情報を判断して取捨選択する

ということです。

企業ホームページだけの情報や学校からの情報だけでなく

民間企業や口コミサイトなどの外部からの情報も仕入れた上で

面接に挑む事がブラック企業を見分けるための方法です。

ABOUT ME
zumiho
zumiho
ブラック企業卒業生。 新卒入社でサービス残業100時間越えの塾の先生→自殺率10%の社員数3人の零細企業にてパワハラを受ける →いつでも逃げれる派遣社員 ↓↓Twitterやっています↓↓